はじめまして(一応)

はじめまして、ふう’s ふうと申します。ふうでいいです。今までツイッターで猫助けてくれー!ばっかり叫んでましたが、やはり定住の場がないと保護猫の様子をきちんと伝えられないなーと感じ始めまして、ブログはずっと遠ざかっていたので二の足踏んでたのですが、ようやく重い腰を上げる気になりました。
それというのも、今週末、どうにもこうにも「保健所から連れてきたはいいけどもらい手なんてみつかるの?!」というハチワレ野郎がやってくることがほぼ決定しているからです。

はたして私の運命はいかに?!そして女王様のお怒りはどこへ向く?!
乞う御期待!(されてもこまるんだけど)。

我が家の面子その他に関しましては右側を縦にズラッと目を通してもらえればご理解いただけると思います。
【猫辞典】なるものはツイッター上でずっと連日狂ったように呟いておりました。そろそろネタ切れてきたなーと感じ始めたので、ついでに整理に乗り出しました。自分では猫への愛情を惜しみなく表現しているつもりですが、もしかしたら、もしかしたらですよ、お気に召さなかったりカチンときちゃう場合もあるかもしれません。
そんなときはまあ……「自分はオトナだから」とゴクッとすべてを飲み込んでいただけますと幸いです。

hs.jpg

とりあえず開店祝いとして、末にゃんの華麗なひねりの効いた「へそてん」をご披露させていただきますです。

女王様はどこから来たの?



 11年前の雪が降る直前、女王様は捨てられました。新聞配達のおばちゃん情報によると、一度誰かに捨てられたあと、女王様を見つけた自称猫好きのおばさんが、「人通りの多い場所のほうが拾われるだろう」とうちの近所に捨て直したそうです。

 人通りが多いといったって田舎のことです。めったに女王様を気に掛けてくれる人なんて通りません。そして田舎は人より圧倒的に車の通りが多いです。寒くなるとなおさらです。女王様は人に救われる前にどうやら車にひかれてしまったようです。私が近所の人から話を聞いてかけつけた時、女王様は左後ろ足を骨折して動けなくなっていました。

 そのままではカラスの餌食になってしまうので、しょうがなく(当時は保護とか里親探しなどとは無縁だったので)、本当にしょうがなく病院に連れて行きました。そしてレントゲンを撮ってもらうと骨盤にひびが入っていることも判明しました。

 このままでは排便が困難になるかもしれない、と言われて、一瞬安楽死も考えました。でもちょうどそのとき診察室にいた私の後ろを、入院させていて力尽きたワンコを迎えにきたご家族が通り過ぎたのです。

 安楽死させてくださいなんてとても言えなくなりました。ついつい「連れて帰ります」と言ってしまいました。こうして推定生後3ヶ月ほどの中途半端な長毛の女の子はうちにやってきました。

 女王様、ほんとに運のいい奴です。

末にゃんはなぜ来たの?

bcn.jpg 
 我が家には以前、オスのキジ白がいました。捨てられた元飼い猫がよそさまの物置で産んだ子で、それはそれは大きくて綺麗な子でした。
 猫を飼うのは初めてで、欲しがるものは何でも与えてました。一般食と総合栄養食の違いも知りませんでした。とんだ猫初心者です。
 12歳を過ぎた頃、なんだか疲れた顔をするようになりました。そしてある日体重を計ったら一気に2キロも減っていました。おそらく数日か、あるいはもっと、ご飯を全く食べていなかったのです。当時は女王様と一緒の器に同じご飯を入れて勝手に食べてもらっていたので、減っていないことに全然気づきませんでした。

 慢性腎不全、発症です。そしてそれ以前に体格がものすごくよかった坊ちゃんは、体重が一気に減ったせいで肝臓が溶け出している、と言われました。
 即入院して点滴治療。でも3日後に退院しても体調は相変わらずで、口からのご飯は一口たりとも受け付けてくれませんでした。
 それから5ヶ月間、ヒルズのa/d缶をシリンジで日に数回与え続ける日々が続きました。でもその甲斐もなく、年があけてすぐに逝ってしまいました。それが末にゃんを迎える1年と4ヶ月前のことです。

 ある日、保健所の犬舎の脇に立っていると、たった今持ち込まれたばかりの子猫が入ったケージが運び出されてきました。
 中に入っている子を目にした瞬間、身体に電流が走りました。「帰ってきた!」と感じました。

sen2.jpg  

 坊ちゃんは5歳を過ぎたころから、去勢をしていたのにも関わらず粗相がひどくて、母が絶対オスは飼いたくないと言っていました。だから坊ちゃんは性別を変えて生まれ変わってきたのです。少なくとも私はそう信じてます。

 坊ちゃんによく似た、でもおちん○んをあの世に置いてきた子です。矢も楯もたまらず「この子連れて帰ります!」と叫んでました。
 末にゃんの他の兄弟4匹も、そのあとすぐにもらい手がつきました。本当に美形兄弟だったのです。

 坊ちゃんが生まれ変わってきてくれた喜びが一段落すると、どうしてあのとき一匹でも他の兄弟を連れてきてやらなかったんだろうと後悔しました。保健所出の猫なんて、一度離れ離れになってしまったら絶対に血の繋がった兄弟が見つかるはずがありません。

 ────と思っていたら奇跡が起こりました。一月半ほど前、偶然にも末にゃんの兄弟猫を発見したのです。その兄弟猫の飼い主の方がブログをやってらっしゃらなかったらこの奇跡は起きませんでした。それもまた、今回私がブログを開設しようと思い立ったきっかけのひとつです。

 こちら『おまめさん』のちょびくんが末にゃんの兄弟です。DNAは嘘をつかない(笑)。

たぬーはどうしてうちにいるの?

oyk.jpg

 たぬーが我が家に来たのは去年の6月。子猫2匹とセットでした。11年間ずっと外で暮らしていて、毎年バカスカ子猫を産んでいましたが、そのほとんどが冬を越せずに見えなくなるか、数年後にはどこかに姿を消していました。
 モテモテのたぬーは子を産み続け、産んでは死なせを繰り返します。嫌気が差して三年前から、餌付けは子猫をメインターゲットに据えて、子猫を里子に出すことにしました。たぬーの子供計6匹、無事に里親さんの元に縁づきました。
 去年の夏、いつもの年なら生後3ヶ月ほどまで隠れているはずの子猫が、生後一月ほどでお外デビューをしました。たぬーの警戒心も私を「子供たちを代わりに面倒みてくれる人」とみなして少し和らいだのか、親子でいるところに近づいても逃げません。
 例年なら子猫だけを捕獲して里子に出すところですが、去年は離乳しているかしていないかの微妙な時期。母猫と引き離してもし死んでしまったら、と考えました。そして子猫をひょいっと捕まえた後、たぬーの捕獲に乗り出したのです。
 捕獲器なんてありません。もうとにかく必死で首根っこを掴んで尻を押し、キャリーに入れようとしますがもちろん入ってくれません。でも一度失敗しても、不思議とたぬーは逃げなかったのです。
 二度目のチャレンジ。今度はソフトキャリーを縦に置いて、首根っこ掴んで吊り上げたたぬーを中に落としました。バタンと蓋を倒して、ミサイルのように飛び出そうとするたぬーを肘で押さえつけながら、ファスナー閉めて無事ミッション終了。奇跡としか思えませんでした。
 子猫2匹にはめでたく里親が見つかり、もらわれていきました。するとフリーになったたぬーはなんとまた発情し始めました。おそるべし野生の本能。
 11歳という高齢でとてもリスクが高かったのですが、やむなく避妊手術をしました。そうしないと家中にたぬーの雄叫びが響き渡り、とても眠れる状況ではありませんでした。

 もしかしたらこれでお別れかも、と臨んだ手術でしたが、持ち前の体力と治癒力で手術を乗り切り、たぬーはうちの子になりました。もっともいまだに半分「家庭内ノラ猫」ですけど(笑)。
カテゴリ



にほんブログ村 猫ブ
ログへ
ぽちっとな。

人気ブログランキングへ
ささ、ぽちっとな。

この顔はあんまし
ぽちっとしたくねえな…。

プロフィール

Author:ふぅ
「ふぅ」です。うしろの「ぅ」はちっちゃい「ぅ」です。生まれも育ちも北海道。もともとは主にツイッターでぶつぶつ呟いてましたが、140字制限がもどかしくてこっち来てみました。でも緊急性のあるものは変わらずツイッターで呟きます。アカウントは@nekodasukeです。フォローよろしく。
【猫辞典】は完全オリジナル。自由きままに猫の生態を書き連ねてます。ツイッター発祥なのですべて原則140字以内です。
ブログタイトルの『猫っツラにデコピン!』は略して『ねこぴん』とでも読んでいただければうれしゅうございます。

ではどうぞごゆっくり。

メンバー紹介

元捨て猫、現女王様。名前はふう、通称ふーこ2000年の晩秋、雪が降り始める直前に保護。身体は一番小さいけれど一番の権力者。ある意味我が家は彼女の独裁政権下。超ミニサイズ(ミニというより寸足らず?)のもうすぐ17歳♀。長毛ミックスなんだけど何が混じってるのかは不明。



名前は千明通称ちーこまたは末(すえ)。2009年(たぶん)4月生まれの8歳♀。保健所に持ち込まれた5匹兄弟のうち一番の美人にゃんを拉致して帰ったつもりが、いつの間にか「こいつ実はちん○んあるんじゃねえの?」疑惑を経て我が家のお笑い&破壊担当班長に就任。



本名たぬき通称たぬ。2010年夏、我が家の一員とするため無理やり捕獲した元ノラ猫。ただし最初は外飼い猫だったと思われる。(推定)1999年初夏生まれの18歳♀。種族保存の本能に満ち溢れ、こんな男らしい顔つきのわりに非常にモテていた。2017年7月2日、病気発覚からわずか1ヶ月、ジェットコースターのような怒濤の闘病を経て潔く永眠。



本名ばん通称ばんばん、ばんこ、ババンがバン他。2014年夏、伊達のおまつりにやってきたおばあちゃん思いの男子高校生の通報によりレスキュー。むちゃくちゃ薄汚れていたらしいが捨て猫なのか元ノラなのかは不明。警戒心のかけらもない無防備なおバカさん。ようやく3歳。めんどくさいので推定誕生日はたぬと一緒。


月別アーカイブ
最新コメント
リンク

東北地震犬猫レスキュー.com

我が家の常備品

★もう年なので、これを飲まなければ朝起きられません下瞼は重力に負けます毛穴は縦に開きます俗に言うたるみ毛穴っつーやつですわ夜寝る直前に飲むのがコツです朝飲んでも効くのは午後になってからですつまり半日は役立たずっちゅーわけですわvvわたしは365日飲みます毎日飲むので箱買い当然箱買い上等もはや中毒???

★今回はもう、ほんとにコレにお世話になってます。パルボは熱でもアルコールでも死にません。塩素かコレです。塩素は主に洗濯に。バイオチャレンジは主にお掃除に使ってます。ガンガン使ってるのでガンガン減っていきます。お財布痛いですけどしょうがないです……。

★メーカーのみなさま、申し訳ございません。我が家ではこれをうんP一時収納箱として利用させていただいております。抜群の臭い遮蔽率!猫飼いの必需品と考えております。これを使うようになってから、うんP処理がものすごく楽ちんになりました♪

★いろいろ試したけど、我が家ではこれしか使ってくれませんでした……。よく固まってうんこしっこ取るのも楽なんだけど、重たくて運ぶのが大変なのが玉にキズ。なのでほとんど通販で購入。タイミングによって値段の幅がものすごい。

★お猫さまの数だけトイレは必要(ほんとは+1が理想)。我が家はこれ3つを常設。保護猫がいる間はさらに増やします。安いし洗いやすい。ものすごく小さいけど、みんな上手に使ってくれてます。たまにはみ出すヤツもいるけど(笑)。

★お猫さまの便秘を放っておくと、いずれ毎度病院で掻き出してもらわなきゃならなくなると言われました。うちの女王様は病院でこれを勧められて食べ始めたら、とたんに快食快便になりました。うんPの量が3倍くらいになってびっくり。

★週に一度のブラッシングではこれ使ってます。最初は逃げ回るたぬーも、いったん背中にこれを当てられるとふにゃんと腰砕け(笑)。でも角が当たると傷つけかねないので扱いは慎重に。

★新居に引っ越す前に徹底的にテストしました。麻・カーペット・木、そしてこのダンボールの爪とぎを買って来て並べたところ、これ以外には全く興味を示しませんでした。引っ越してからもちゃんとこの爪とぎだけで爪とぎしてくれます。おかげで壁紙破られずに済んでます(笑)。

★2年間使い倒したカメラが壊れたというか壊したというか……。マクロ機能がさらにアップしているらしく、末の鼻の奥までバッチリです。カメラを選ぶときのこだわりは「同じ電池を使える」ということ。電池が同じなら充電器も同じです。コストダウンにつながります。でもだんだん選択肢が少なくなってきた……。写真はゴールドですが私が選んだのはどピンク。カメラは必ずピンクと決めています。女らしさを欠片も持ち合わせていない私の唯一の自己主張かな。ただ単に派手好きという説も(笑)。

★お猫さまのお世話で疲れたお肌もこれさえ塗れば一発で……上がればいいんですけど(笑)。地球の重力に引っ張られて下がるばっかりですが、なんとかがんばって抗ってます。上がれ~~上がれ~~。

★北海道にノミはいないっていう獣医さんもいるけれど、用心のために毎月みんなにつけてます。保健所にいる子を引き出す際にも使うので常に常備してます。うちの母、ノミにもアレルギーなんですわ。ここ、すごい安い……っ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター