やはり君はただものではにゃい。

先方のお宅でハチを一番気に掛けてくださっていたのは、中学生の息子さんだとお聞きしました。ハチが保健所にいるときから「あと何日」と限られた命を心配していたそうです。

かつて一緒に暮らしていた猫くんとそっくりだというハチ。まだときどき名前を間違って呼ばれてしまうそうですが、違う名前には「きょとーん」として、「ハチー」と呼ぶと肩まで駆け上がってくるそう。

早く新しいボクに馴染んでもらえたらいいな。



なーんて心配する必要もないか。

息子さんのベッドで熟睡する、すでに十年選手のようなハチには(笑)。

王子様とおリボン。

札幌のお宅にもらわれていって2カ月あまりの「しっぽ」。
その王子様っぷりに拍車がかかりました。

F1010183.jpg

なななんと!おリボンつきのキュートな首輪です!
末にゃんのお下がりのボロッちい首輪つけてたのがウソのようです。

いいなあ、しっぽ。愛されてるねえ。他にもいっぱい買ってもらったんだって?
うちの卒業生は果報者ばっかりだねえ。

これから寒くなるからね。風邪ひかないように元気にお暮らしよ~。

脅威の順応性を持つ男。

ハチの近況をお知らせします。

おや、ちょっと猫っぽい。



いや……ね、こ……?

hc004.jpg

猫……だよな……。

hc003_20111128072529.jpg

むふーん。


お父さんいわく。

トイレに行くときはドアの前で鳴いて 「出してー」

帰ってくると鳴いて「入れてー」と自由自在です。


ハチ、新しいおうちに行ってから何日経ったっけ?

おまえなら地球の裏側に行ってもやっていけると思うよ。




しっぽのこと。

順番が逆になっちゃいました。

ツイッターで「もらってくれー!」「決まったー!」「お届けにいくー!」と何度も大騒ぎしてたので、今さら過去の話をするのもこそばゆいのですが、「しっぽのお母さん」っていったい何者?疑惑の解明のため、事の経緯を書かせていただきます。

しっぽは今年の夏、保健所に入ってきた子猫でした。保健所と、そして私の家の近所の駐車場で(たぶん風邪で)具合が悪くなりうずくまっているところを保護されました。

保護といっても収容されたのは保健所です。そのままでは殺処分が待ちかまえています。特にそのときのしっぽは風邪症状がひどく、そして極めつけは「しっぽを骨折」していました。「しっぽ」の名前はそこから来ています。

sippo01.jpg

お盆休み明けに我が家に連れてきたばかりのしっぽ。
本来なら迷子として元の飼い主が迎えにくるのを待つ期間が終わった直後で、これから保健所内で里親探しが始まる時期でした。
でも風邪の症状がひどく、犬舎にいるときはほとんど目が目やにで塞がっていました。そしてしっぽは折れてぶらんぶらん。このままではもらい手が見つからないだろう。風邪も悪化するだろうと、早々に引き出してきました。

sippo02.jpg

お医者さまにかかって数日経つと、しっぽは目に見えて状態がよくなってきました。まだ目やには出ているものの、目がパッチリ開くようになりました。
しっぽは残念ながら折れてから時間がかなり経っていたらしく、すでに治癒は全く望めない状態と言われました。いずれ断尾手術が必要になるかも、とも。
こんなので里親さん見つかるかしら、と少し心配でしたが、里親募集サイトに掲載してしばらく経つと、ちゃんと運命のお母さんが現れてくれました。

これが募集サイトで今のお母さんのハートを射抜いたベストショットです。

sippo03.jpg

年が近い末にゃんとは、たいそう仲良くなりました。本当の兄弟のようです。姉弟じゃなくて兄弟……。

sippo04.jpg

ハチが最初に使っていたのと同じごはんの入れ物。どれだけ顔の大きさが違うかよく分かります。

sippo05.jpg

こんなかわゆくなりました。我が家でしっぽを気に入らなかったのは女王様くらいです。

sippo06.jpg

旅立ち前日。たぬーのごはんを盗み食いしようとするチャレンジャーしっぽ。

一月あまりの居候生活でしたが、実に多くのものを残していってくれました。


特に足跡とか足跡とか足跡とか(笑)。

ビフォーアフターその1

before
2008年生まれのたぬーの子たち。たぶん父親違いの♂兄弟。

bf0101.jpg

bf0102.jpg

bf0103.jpg

after
北海道の真ん中あたりでぬくぬくどえんな日々を送ってます。

bf0108.jpg

ぬくぬく……ぬくぬく……。

bf0109.jpg

兄弟一緒にいられてよかったなー。

ビフォーアフターその2

before
2009年の秋の終わり、うちの裏に捨てられてた風邪っぴき娘。しかも真菌持ち。
病院に着いてキャリーのフタを開けたとたん、青っぱなを私の顔面に発射してくれました。
なので仮の名は「くっさめ」と言いました。

ksm01.jpg

ksm02.jpg

ksm03.jpg

after
今は札幌で優しいお母さんと一緒。すっかりどえんに育ちました。



どえんどえん……。

ksm05.jpg

アジのひらきどえん……。


ビフォーアフターその3

before
2010年生まれのたぬーの子。
300ミリの望遠じゃないと捉えられなかった深窓(ただし廃屋)の令嬢も、餌付け→ダンボール詰めで捕獲するとあっさりと陥落。



tama02.jpg

tama03.jpg

子猫で、しかもメスなのにざそうがひどかった。
顎下丸刈り治療は実は女王様が初めてではない。

after
大掃除ちう。貰われていった札幌のお宅ではすっかりばあちゃん子。
「ばーちゃん、なんか手伝うことない?」
ないない。キミの丸いおてては役に立たにゃいよ。

tama06.jpg

tama05.jpg

いかにもたぬーに似て男性ホルモン多そうな子だったのに、最近とみにおんにゃにょこらしくなってきたにゃ。
もっと大きくなったらおかあちゃんみたいに貫禄たっぷりになるのかね(ならんでよろしい)。

※間違った。2010年じゃなくて2009年生まれだった。ぼかすか産むんで分からなくなっちゃった(笑)。

ビフォーアフターその4

before
以前の記事「ビフォーアフターその3」で「2010年生まれのたぬーの子」と紹介した子は実は2009年で、この子らがほんとの2010年生まれ(笑)。年の変わり目は特に何年前の話か分からなくなっちゃう。

たぬーと同時に捕獲した時はこんなに小さかった。

rin01.jpg

離乳してからもお母ちゃんのおっぱいに吸いついてよく怒られてた。

rin02.jpg

いもうと相手にお便所でかくれんぼ。

rin03.jpg

after
今はこんなにどえ……いや、立派になって。
札幌で(なんと)白黒ばっかり5匹兄弟の4男として楽しく暮らしています。

rin04.jpg

おっさんおっさん、着ぐるみ忘れてまっせ。

rin05.jpg

現在5.7kgだそうで。絶賛増量中。ど~こ~ま~で~い~く~の~か~な~~?

ビフォーアフターその5

before
その4のおにいちゃんと同じ「鼻ぶち」ちゃんなのに、こちらはとってもおんにゃにょこらしいかわいこちゃん。



ダンボールハウスの門番は強面のおかあちゃん。後ろに隠れちゃってますが、実はかなりのやんちゃ娘なのです。

yz02.jpg

いつもおにいちゃんとべったりでした。

yz03.jpg

after
最初の住まいは北海道のおへそでしたが、飼い主さんの引っ越しにともなってちょっと遠くへ行っちゃいました。
おにいちゃんとはもう会えないかなあ。

yz04.jpg

顎のあたりのもこもこ加減はおにいちゃんとそっくりだね。

yz05.jpg

元気でお暮らしよ~。

ビフォーアフターその6

before
2011年の初夏。
迷子として保健所に収容されていたすっきりサマーカットのチンチラくん、当然お迎えくるだろうと高をくくってたのですが、期限を過ぎても誰も迎えに来てくれませんでした。
猫のトリミングするところなんてこの田舎ではたかがしれてます。あちこち電話を掛けて尋ねてみたのですが、結局飼い主は見つかりませんでした。



手足としっぽの先だけ残してカットした姿から、我が家でついた呼び名は「らいおん丸」(でもなんにも解決しないよ……って解決違い)。

rai02.jpg

ちょっと気を抜くと得体の知れない物体と化す。

rai03.jpg

カビ生えたので強制シャンプー。得体知れない度が増す。

rai04.jpg

after
そんな彼も、今は札幌のちょっと手前の街で立派に「チンチラ」やってます。
毛が伸びて初めて「ホンモノのチンチラだったんだー」と実感しました(笑)。

rai05.jpg

あ、これはちょっと偽物かも……。

rai06.jpg

フサフサらいおん丸、チンチラらしくツンデレです。でもほかのきょうだいと仲よくやってるそうです。
きっと他のみんなが辛抱強いんだろうな。


カテゴリ



にほんブログ村 猫ブ
ログへ
ぽちっとな。

人気ブログランキングへ
ささ、ぽちっとな。

この顔はあんまし
ぽちっとしたくねえな…。

プロフィール

Author:ふぅ
「ふぅ」です。うしろの「ぅ」はちっちゃい「ぅ」です。生まれも育ちも北海道。もともとは主にツイッターでぶつぶつ呟いてましたが、140字制限がもどかしくてこっち来てみました。でも緊急性のあるものは変わらずツイッターで呟きます。アカウントは@nekodasukeです。フォローよろしく。
【猫辞典】は完全オリジナル。自由きままに猫の生態を書き連ねてます。ツイッター発祥なのですべて原則140字以内です。
ブログタイトルの『猫っツラにデコピン!』は略して『ねこぴん』とでも読んでいただければうれしゅうございます。

ではどうぞごゆっくり。

メンバー紹介

元捨て猫、現女王様。名前はふう、通称ふーこ2000年の晩秋、雪が降り始める直前に保護。身体は一番小さいけれど一番の権力者。ある意味我が家は彼女の独裁政権下。超ミニサイズ(ミニというより寸足らず?)の16歳♀。長毛ミックスなんだけど何が混じってるのかは不明。



名前は千明通称ちーこまたは末(すえ)にゃん。2009年(たぶん)4月生まれの7歳♀。保健所に持ち込まれた5匹兄弟のうち一番の美人にゃんを拉致して帰ったつもりが、いつの間にか「こいつ実はちん○んあるんじゃねえの?」疑惑を経て我が家のお笑い&破壊担当班長に就任。



本名たぬき通称たぬー。2010年夏、我が家の一員とするため無理やり捕獲した元ノラ猫。ただし最初は外飼い猫だったと思われる。(推定)1999年初夏生まれの17歳♀。種族保存の本能に満ち溢れ、こんな男らしい顔つきのわりに非常にモテていた。



本名ばん通称ばんばん、ばんこ、ババンがバン他。2014年夏、伊達のおまつりにやってきたおばあちゃん思いの男子高校生の通報によりレスキュー。むちゃくちゃ薄汚れていたらしいが捨て猫なのか元ノラなのかは不明。警戒心のかけらもない無防備なおバカさん。ようやく2歳。めんどくさいので推定誕生日はたぬと一緒。


月別アーカイブ
最新コメント
リンク

東北地震犬猫レスキュー.com

我が家の常備品

★もう年なので、これを飲まなければ朝起きられません下瞼は重力に負けます毛穴は縦に開きます俗に言うたるみ毛穴っつーやつですわ夜寝る直前に飲むのがコツです朝飲んでも効くのは午後になってからですつまり半日は役立たずっちゅーわけですわvvわたしは365日飲みます毎日飲むので箱買い当然箱買い上等もはや中毒???

★今回はもう、ほんとにコレにお世話になってます。パルボは熱でもアルコールでも死にません。塩素かコレです。塩素は主に洗濯に。バイオチャレンジは主にお掃除に使ってます。ガンガン使ってるのでガンガン減っていきます。お財布痛いですけどしょうがないです……。

★メーカーのみなさま、申し訳ございません。我が家ではこれをうんP一時収納箱として利用させていただいております。抜群の臭い遮蔽率!猫飼いの必需品と考えております。これを使うようになってから、うんP処理がものすごく楽ちんになりました♪

★いろいろ試したけど、我が家ではこれしか使ってくれませんでした……。よく固まってうんこしっこ取るのも楽なんだけど、重たくて運ぶのが大変なのが玉にキズ。なのでほとんど通販で購入。タイミングによって値段の幅がものすごい。

★お猫さまの数だけトイレは必要(ほんとは+1が理想)。我が家はこれ3つを常設。保護猫がいる間はさらに増やします。安いし洗いやすい。ものすごく小さいけど、みんな上手に使ってくれてます。たまにはみ出すヤツもいるけど(笑)。

★お猫さまの便秘を放っておくと、いずれ毎度病院で掻き出してもらわなきゃならなくなると言われました。うちの女王様は病院でこれを勧められて食べ始めたら、とたんに快食快便になりました。うんPの量が3倍くらいになってびっくり。

★週に一度のブラッシングではこれ使ってます。最初は逃げ回るたぬーも、いったん背中にこれを当てられるとふにゃんと腰砕け(笑)。でも角が当たると傷つけかねないので扱いは慎重に。

★新居に引っ越す前に徹底的にテストしました。麻・カーペット・木、そしてこのダンボールの爪とぎを買って来て並べたところ、これ以外には全く興味を示しませんでした。引っ越してからもちゃんとこの爪とぎだけで爪とぎしてくれます。おかげで壁紙破られずに済んでます(笑)。

★2年間使い倒したカメラが壊れたというか壊したというか……。マクロ機能がさらにアップしているらしく、末の鼻の奥までバッチリです。カメラを選ぶときのこだわりは「同じ電池を使える」ということ。電池が同じなら充電器も同じです。コストダウンにつながります。でもだんだん選択肢が少なくなってきた……。写真はゴールドですが私が選んだのはどピンク。カメラは必ずピンクと決めています。女らしさを欠片も持ち合わせていない私の唯一の自己主張かな。ただ単に派手好きという説も(笑)。

★お猫さまのお世話で疲れたお肌もこれさえ塗れば一発で……上がればいいんですけど(笑)。地球の重力に引っ張られて下がるばっかりですが、なんとかがんばって抗ってます。上がれ~~上がれ~~。

★北海道にノミはいないっていう獣医さんもいるけれど、用心のために毎月みんなにつけてます。保健所にいる子を引き出す際にも使うので常に常備してます。うちの母、ノミにもアレルギーなんですわ。ここ、すごい安い……っ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター