アゴの毛を剃られてもそれはそれで幸せみたいです。

末は末の生きたいように生きてます。
ニンゲンに構われすぎですが、それもまた末のヨロコビなのです(たぶん)。
「ざそう」の治療のためのコットン温パックもそれはそれは気持ちよさげにうっとりします(たぶん)。



sehpy02.jpg

sehpy03.jpg

保健所に末&きょうだい連れてった奴、おたんこなーす!

こんなにめんこいんだぞー。ざまあみ。

札幌の動物管理センターの件。

 昔、私や私の両親がまだまだ猫飼い初心者だったころ、我が家には一匹のオス猫がいました。立派な名前がついていたのですが、まあ仮に「ぼっちゃん」としておきましょう。「ぼっちゃん」やら「おぼっちゃま」やら「ぼっさま」やら「おぼつ」やら、やたらといろんな名前で呼ばれていましたから(※注:こういう行為は猫にとって迷惑です。混乱を招くだけです。アイデンティティが崩壊します)。
 まだまだぼっちゃんが若かりし頃、草木・花の芽吹く春の陽気に誘われて裏口から脱走してしまったことがありました。早朝、外での一服を終えて家に入ろうとした父親はまさかドアのすぐ向こうにぼっちゃんが潜んでいるとは知らず、不用心にも一気にドアを開けはなってしまったのです。

続きを読む

難易度高。

aakkbb01.jpg

末に比べて女王様のアクビショットは撮影の難易度が少々高いです。

aakkbb02.jpg

末は楽勝なんですが、

aakkbb03.jpg

女王様は気分も行動も予測推測不可能なため、こんなんだったり、

aakkbb04.jpg

こんなんなっちゃう事後ショットばかりになってしまいます。

aakkbb05.jpg

そんな(気)むずかしい女王様ですが、長らく治療中だったカビがずいぶんよくなりました。

aakkbb06.jpg

ぽやぽやながら毛が生えそろい、末の両耳も「あら、ハゲはどこ?」まで治癒。
もう「カビおんなー!」とか「ハゲー!」とか呼ばわりされるぎゃくたい生活とは無縁になりました。

aakkbb07.jpg

「わたくしのうつくしさはそんなことくらいではそこなわれないのだわ」
女王様、女王様の美ショットを撮影するのはとてもとてもむつかしいのです───。

aakkbb08.jpg

さて、女王様と、とばっちりを食らった末のカビはよくなりましたが、残念ながら「ざそう」は絶賛治療継続ちうです。
例によってお手入れしやすいように顎まる刈り。毎度のことながらすっきりとした鋭角に仕上がってます。

aakkbb09.jpg

顎の毛をそると末の「への字口」度と「むーーーーーーん」度が増すのですが、それもまたご愛敬。

aakkbb10.jpg

ああ、燦然と輝くだるんだるんな顎。

イ○ナ、わたしはうつくしい……。

これ末の。

蕎麦をゆでていたら末がうるさくてかないません。

これ飼い主の。



これ末の。

sb02.jpg

トッピングがないのがお気に召さないようです。

sb03.jpg

焼きノリを一かけのっけてみました。

sb04.jpg

食欲スイッチON。

sb05.jpg

はぐはぐ。

sb06.jpg

んっがっぐっぐ。

sb07.jpg

ごっくんペロリ。

sb08.jpg

ごちそうさまでしたにゃ。

たぬ初登頂。

石橋を叩いて叩いて叩いても「リスキーな行動な慎まなければ自然界を生き抜けない」とばかりに行動のすべてにおいて超・慎重なたぬー。



「猫に限って3階建ての我が家」ではありますが、

mt02_20130609133325.jpg

ここが限界かなーと見上げるだけのたぬー。

mt02_1.jpg

「しろくろいの、どうしていつもここにいるのかしら」
と女王様のご不興を買おうとも動じませんでした。

mt03_20130609133328.jpg

ところがどっこい。
昨日、いきなりの初登頂。振り向いたらこの状態です。

mt04.jpg

「これはいい隠れ家をみつけた……」
私がいる間はけして降りるまいと固く決心したようです。

mt05.jpg

末の通行を妨害(しかしこの後、末はたぬを乗り越えて橋を渡っておりてきました。どうやって越えたんだ)。
甘い声で「たぬ、たぬ」とお誘いしても降りてくる気配がありません。

mt06.jpg

あまりの不動っぷりに、もしや具合でも悪いのでは……と心配した飼い主は、裏技を使ってたぬの下山を促してみました。


youtube「下山」

……やはり私が嫌いなだけなのね……。

このあと、末と女王様の残飯を平らげ、洗ったように器を舐め回してたぬはお山に帰っていきましたとさ。

mt07.jpg

籠城は続くよどこまでも。

我輩の辞書に不可能という文字はない。

末の熱い視線の先には、



ccww02.jpg

───────たぬ!(だだんだんだだん!)

ccww03.jpg

ついについに

ccww04.jpg

キャットウォークを全制覇。

ccww05.jpg

わしが行けぬ場所などあってはならぬのだ(おうさまの理論)。

ccww06.jpg

そんなたぬーの寝床ですが、普段はこうやってクッション(ハナクソつき)がきちんと収まっているのに、

ccww07.jpg

このところ、いつの間にかひっくり返されたり引っ張り出されたり。悪さをする小人さんが暗躍しておりました。

ccww08.jpg

犯人を突き止めるためにクッションの端に鈴をつけ、「チリン」と音がした瞬間、振り向くとそこにはたぬの姿が……。

ccww09.jpg

もっといい場所みつけたからベッド(ハナクソつき)なんて不要なんだってさ!

ccww10.jpg

【特報!近日公開予定!】

長年にわたるノラ生活で人智の及ばぬ特殊能力を身につけたたぬー。避妊手術もものともせず、春の盛りを迎え、今年もまた新たな命を……(産むわけねぇよ)。

よそさま宅の保護猫(♂ちーん)です。たぬーの元生息地の近くで保護されたから、もしかしたら遠い親戚かもね。

白黒スキーのご予約お待ちしております。

おだやかなごやか。

しっぽのおかあさんから定期便が届きました。



以前、当ブログにも掲載し、くるねこ大和さんにも掲載していただき、里親さまを募っていた子と一緒に暮らしています。

sssppp02.jpg

ひなちゃんは、くるさんから「胡」の字をいただいて「ひな胡」になりました。

結局、里親さまは見つからず、しっぽ母さんはリスクごとひな胡を迎え入れる決心をしました。今ではしっぽのとてもとても大切なパートナーです。

すっかりお兄ちゃんだね、しっぽ。
しっぽもね、風邪でコテコテになって保護された子だからね。
ひな胡の気持ちはよーく分かるよね。


大事にしておあげ。

接写。

「女王様」という通り名から、おしとやかと思われがちですが、



アクビは我が家で一番の豪快さです。

joakb02.jpg

おっと、ちょっとピンぼけ。

joakb03.jpg

───────ふぅ……。

joakb04.jpg

「くあぁぁぁぁぁぁ」
あ、ちょっと惜しい。

joakb05.jpg

───────ん?

joakb06.jpg

がぁぁぁぁぁぁぁ!

joakb07.jpg

ザラザラ感、写しきるのは難しいです。

深窓の令嬢たち(ふかまどじゃないよ!)

ずいぶんと日が長くなってきました。



窓を開けることが多くなり、お猫さまズも興味津々。

fkmd02.jpg

末も特等席から覗くでし。

fkmd03.jpg

たぬはさっさと山にかえるでし。

fkmd04.jpg

たぬはずっとそとにいたでしよ。今は末が外みる番でし。

fkmd05.jpg

「ねえ」

fkmd06.jpg

末、外みるのたのしい?

fkmd07.jpg

おそとのこわさはたぬにきくといいよ、末。
カテゴリ



にほんブログ村 猫ブ
ログへ
ぽちっとな。

人気ブログランキングへ
ささ、ぽちっとな。

この顔はあんまし
ぽちっとしたくねえな…。

プロフィール

Author:ふぅ
「ふぅ」です。うしろの「ぅ」はちっちゃい「ぅ」です。生まれも育ちも北海道。もともとは主にツイッターでぶつぶつ呟いてましたが、140字制限がもどかしくてこっち来てみました。でも緊急性のあるものは変わらずツイッターで呟きます。アカウントは@nekodasukeです。フォローよろしく。
【猫辞典】は完全オリジナル。自由きままに猫の生態を書き連ねてます。ツイッター発祥なのですべて原則140字以内です。
ブログタイトルの『猫っツラにデコピン!』は略して『ねこぴん』とでも読んでいただければうれしゅうございます。

ではどうぞごゆっくり。

メンバー紹介

元捨て猫、現女王様。名前はふう、通称ふーこ2000年の晩秋、雪が降り始める直前に保護。身体は一番小さいけれど一番の権力者。ある意味我が家は彼女の独裁政権下。超ミニサイズ(ミニというより寸足らず?)のもうすぐ17歳♀。長毛ミックスなんだけど何が混じってるのかは不明。



名前は千明通称ちーこまたは末(すえ)。2009年(たぶん)4月生まれの8歳♀。保健所に持ち込まれた5匹兄弟のうち一番の美人にゃんを拉致して帰ったつもりが、いつの間にか「こいつ実はちん○んあるんじゃねえの?」疑惑を経て我が家のお笑い&破壊担当班長に就任。



本名たぬき通称たぬ。2010年夏、我が家の一員とするため無理やり捕獲した元ノラ猫。ただし最初は外飼い猫だったと思われる。(推定)1999年初夏生まれの18歳♀。種族保存の本能に満ち溢れ、こんな男らしい顔つきのわりに非常にモテていた。



本名ばん通称ばんばん、ばんこ、ババンがバン他。2014年夏、伊達のおまつりにやってきたおばあちゃん思いの男子高校生の通報によりレスキュー。むちゃくちゃ薄汚れていたらしいが捨て猫なのか元ノラなのかは不明。警戒心のかけらもない無防備なおバカさん。ようやく3歳。めんどくさいので推定誕生日はたぬと一緒。


月別アーカイブ
最新コメント
リンク

東北地震犬猫レスキュー.com

我が家の常備品

★もう年なので、これを飲まなければ朝起きられません下瞼は重力に負けます毛穴は縦に開きます俗に言うたるみ毛穴っつーやつですわ夜寝る直前に飲むのがコツです朝飲んでも効くのは午後になってからですつまり半日は役立たずっちゅーわけですわvvわたしは365日飲みます毎日飲むので箱買い当然箱買い上等もはや中毒???

★今回はもう、ほんとにコレにお世話になってます。パルボは熱でもアルコールでも死にません。塩素かコレです。塩素は主に洗濯に。バイオチャレンジは主にお掃除に使ってます。ガンガン使ってるのでガンガン減っていきます。お財布痛いですけどしょうがないです……。

★メーカーのみなさま、申し訳ございません。我が家ではこれをうんP一時収納箱として利用させていただいております。抜群の臭い遮蔽率!猫飼いの必需品と考えております。これを使うようになってから、うんP処理がものすごく楽ちんになりました♪

★いろいろ試したけど、我が家ではこれしか使ってくれませんでした……。よく固まってうんこしっこ取るのも楽なんだけど、重たくて運ぶのが大変なのが玉にキズ。なのでほとんど通販で購入。タイミングによって値段の幅がものすごい。

★お猫さまの数だけトイレは必要(ほんとは+1が理想)。我が家はこれ3つを常設。保護猫がいる間はさらに増やします。安いし洗いやすい。ものすごく小さいけど、みんな上手に使ってくれてます。たまにはみ出すヤツもいるけど(笑)。

★お猫さまの便秘を放っておくと、いずれ毎度病院で掻き出してもらわなきゃならなくなると言われました。うちの女王様は病院でこれを勧められて食べ始めたら、とたんに快食快便になりました。うんPの量が3倍くらいになってびっくり。

★週に一度のブラッシングではこれ使ってます。最初は逃げ回るたぬーも、いったん背中にこれを当てられるとふにゃんと腰砕け(笑)。でも角が当たると傷つけかねないので扱いは慎重に。

★新居に引っ越す前に徹底的にテストしました。麻・カーペット・木、そしてこのダンボールの爪とぎを買って来て並べたところ、これ以外には全く興味を示しませんでした。引っ越してからもちゃんとこの爪とぎだけで爪とぎしてくれます。おかげで壁紙破られずに済んでます(笑)。

★2年間使い倒したカメラが壊れたというか壊したというか……。マクロ機能がさらにアップしているらしく、末の鼻の奥までバッチリです。カメラを選ぶときのこだわりは「同じ電池を使える」ということ。電池が同じなら充電器も同じです。コストダウンにつながります。でもだんだん選択肢が少なくなってきた……。写真はゴールドですが私が選んだのはどピンク。カメラは必ずピンクと決めています。女らしさを欠片も持ち合わせていない私の唯一の自己主張かな。ただ単に派手好きという説も(笑)。

★お猫さまのお世話で疲れたお肌もこれさえ塗れば一発で……上がればいいんですけど(笑)。地球の重力に引っ張られて下がるばっかりですが、なんとかがんばって抗ってます。上がれ~~上がれ~~。

★北海道にノミはいないっていう獣医さんもいるけれど、用心のために毎月みんなにつけてます。保健所にいる子を引き出す際にも使うので常に常備してます。うちの母、ノミにもアレルギーなんですわ。ここ、すごい安い……っ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター