まめつぶ。

末のきょうだい「ちょぼぼん」のおねいちゃんは「まめつん」です。
ということで、ぜんぜん関係はないのですが、末がまだ「まめつぶ」だったころの写真を並べてみますので悶絶しなさい(なぜに命令口調)。



s02_20121217235806.jpg

s03_20121217235807.jpg

s04_20121217235806.jpg

s05_20121217235805.jpg

s06.jpg

s07.jpg

s08.jpg

s09.jpg

s10.jpg

s11.jpg

s12.jpg

「まめ」というより本当に「粒」ですね。ぷちっとつぶされてしまいそうです。永久子猫の女王様よりちっさいなんて、末はどんだけちっさかったのかい。(答え:400g)

 さて、私の大好きな「ちゃとらとはちわれ」さん宅で、保護子猫「いっちゃん」の病状を写真入りで詳らかにしたことで一部(ほんの一部)の方の不興を買われたようです。

 保護した子猫もそうですが、たとえペットショップで買ってきたとしても、オーメンのダミアンじゃあるまいし病気とは無縁でいられません。朝飯前に風邪をひき、昼メシ食べては嘔吐をくりかえし、晩飯を「食欲ない……」と一口残して、「いつもと様子が違うわね」と次の朝つめたくなることだってあるのです。
 毎日びっかびかのモデル猫さんだけ見たい方は保護ブログなんて見ちゃあいけません。撮影用のペットを扱ってる動物プロダクションの社長さんとでもお友達になってください。もっともああいった業者も、収録中に犬猫が具合悪くなることを考慮して、似た(きょうだい)犬猫を数匹用意して撮影に臨むものですが。

 もし「こんな具合悪そうな子の写真を撮ってどうするんだろう」と、その当の風邪の子を必死に元気にしようとしている人に向かって言いたくなったら、そっと目を閉じて口も閉じてPCのモニタも消してください。あなたが口出しすることじゃありません。クラスメートでも職場の同僚でも、隣のおばさんでもないのです。モニタの向こうと距離が近い=近しい人なんて勘違いしちゃあいけません。あなたの事情をブログ主さんが知らないのと同じくらい、あなたはモニタの向こうの状態を知りません。
 ネットがあたりまえになるにつれ、みんながブログでことの経緯を書き連ねるにつれ、以前なら当たり前のようにできていた「声を潜める」ということができなくなっているような気がします。面と向かって口にすれば取っ組み合いの大げんかになったことも、そっと口を噤んで胸の内にしまって、人付き合いをしたもんです。昔は。

 不便だけど、古きよき時代だったなーと思います。
 少なくとも「あなたが誰か知る術のない相手」には、思ったことをまっすぐぶつける前に深呼吸して、「もし隣のイスに座っていても同じことを言うだろうか」と自分に問いかけてみてください。みんなが今よりもっと穏やかに暮らせるようになると思います。

s13.jpg

 おまえなんかなー!おまえなんかなー!
ゲリッピーだったんだぞ! チョコレートはみがきみたいなうんP垂れ流してたんだぞ!

 ↑歯に衣着せぬ物言いとはこういうことか!?末、ぎゃくたいだー!
関連記事

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちっこぉぉぉぉぉぉぉい(*´д`*)ハァハァ
めんこすぎるーそっくりーめんこすぎるー(笑)
ちーちゃんは400gだったんですねぇ。
ちょびはぴったり500gでした。
やっぱりおとこのこだからちょこっと大きかったのかしら?
はぁー・・・あははははっ、めんこいなぁ(●´ ω`●)ムフフン
ちょびもこんなだったー。
歩き方もまだヨタヨタしてたなぁ。
それが今じゃ・・・ふっ、でかくなったな体も態度も(爆)

ちゃとらとはちわれさん、拝見してきました。
なぜだ・・・
同じ状況ならきっと私も写真を撮り、ブログにupしますね。
自分自身(記録)のためでもあるし、もしかしたら、どこかにいる
誰かのためになるかもしれないし。
写真撮るの可哀想だとか(その他諸々)あれはわざわざ文字にして
残すようなことじゃない。
顔が見えないから、素性がわからないからあんな風に言えるんでしょうか。
目の前の箱を通すと、相手を思いやることが出来なくなるのかなぁ。

Re: No title

はやっ!笑

ちーは最初450gくらいありまして、それから順調に育っていくはずがゲリッピーで食べても食べても毎日体重が減り続け、というオソロシイ事態になりました。あんときは怖かったー。本人はいたって元気そうなんだけど、じょーーーーってチョコレートはみがきうんPするのよ。毎回するのよ。今の逞しさからは想像もできないヨチヨチのヨコミミさんだったから超心配しましたよ。

調べたら白血球値が異常に高くて、ウイルス性腸炎じゃないかってことだったんですが結局のところ原因は定かにならず、ずいぶんと病院に通いました。ちょぼぼんはなんともなくてよかったです。


ちゃはちさんとこのいっちゃん、大変そうです。早く元気になってくれればいいんですが……。パルボのとき思いましたが、子猫は一日とおかず体調がコロコロ変わります。そしてたったの「数時間」が命取りになりかねない。
子猫を育てるというのはハラハラドキドキなんてもんじゃない緊張の連続だっての、猫好きな人なら分かってくれるはずなのになーとちょっと残念に思います。

No title

はじめまして。
わたしも、うちの子が真菌を発症したとき、もちろんお医者にもかかりましたが、必死でネット情報を調べもしました。
初めての猫さんだったので、本当にこの治療でいいのかとか、この先どういった経緯で治っていくのかということを知りたかったのです。
その時に参考になったのは、病気について網羅してあるHPよりも自分の猫さんについて書いてあるブログでした。
治療の見通しや、家で心がけることなど、色々な経験談から学ばせていただきました。
こちらもそうですが、「ちゃとらとはちわれ」さんも私の参考ブログの一つです。
だから、ふぅさんのご意見はもっともだと思いますし、今回のようなことは、とても残念に思います。

Re: No title

こんにちは。はじめまして、はちゃさま。銀太くん、末と同じにほひがしますvv

真菌は我が家でも過去に2回発生しました。今、預かりさん宅にいる兄弟猫も真菌症です。
保護される子はいろいろな病気を持っていて、今年はとくに感染症の当たり年です。記録の意味も兼ねて、具合がいいとき悪いときどちらも写真はけっこう撮ります。ハゲてたりしたらなおさら撮ります(笑)。ハゲが大きくなるか小さくなってるか、風邪なら目やにのくっつき具合が昨日よりよくなってるか、つぶさに記憶できるほど私は頭よくありません。もっともすべてを公開するかというと、たしかにあまりにもかわいそうな姿は表には出さないと思います。ちゃはちさん宅のおとさんおかさんはいっちゃんのがんばっている姿を見てもらいたくて、そして「すてられる子猫はこんなに大変な思ひをしてるんだよ」と伝えたくて、あえて掲載されているのだと思います。

昔は、たとえば俳優さんは雲の上の人でした。今は多くの方たちがブログなどをやってらして、ファンの人もそうでない人も簡単に自分の意見を「コメント」と称してぶつけられます。

昔は、作家さんは異世界の住人でした。作品に対する思いの丈を伝えようとしたら、出版社にファンレターを送るしかありませんでした。今は「レビュー」と称して一読者が辛辣な批評を本人に突きつけることができます。

一昔前までは、意見を公開する側も受け取る側も、それなりの成熟が必要でした。今は何の準備もなく、すべてが「直に触れられる」世界に私たちは生きています。作品やそれに対する意見を発表する場を得るためには、たゆまぬ努力が必要な時代は終わってしまった。それがいいことなのか悪いことなのかは、利用する私たちの心構えひとつで変わります。いつの間にか取り払われてしまった垣根を、自分で築きなおす必要があるのではないか、とつくづく感じるのです。

───とかまじめなこと言っちゃったvvvvvv←硬派になりきれない私。だってあの3匹の飼い主ですから……。

いっちゃん、はやくよくなってくれればいいなーと思います。猫ってほんとに本能のカタマリの生き物で、あんなにちっちゃくても「においのしないたべものはきけん!」と食べてくれないのです。喉が腫れてると強制給仕もできないので心配です。がんばれ、いっちゃん!と私は心の中でこっそり唱えてます。それでいいんじゃないかなー。



カテゴリ



にほんブログ村 猫ブ
ログへ
ぽちっとな。

人気ブログランキングへ
ささ、ぽちっとな。

この顔はあんまし
ぽちっとしたくねえな…。

プロフィール

Author:ふぅ
「ふぅ」です。うしろの「ぅ」はちっちゃい「ぅ」です。生まれも育ちも北海道。もともとは主にツイッターでぶつぶつ呟いてましたが、140字制限がもどかしくてこっち来てみました。でも緊急性のあるものは変わらずツイッターで呟きます。アカウントは@nekodasukeです。フォローよろしく。
【猫辞典】は完全オリジナル。自由きままに猫の生態を書き連ねてます。ツイッター発祥なのですべて原則140字以内です。
ブログタイトルの『猫っツラにデコピン!』は略して『ねこぴん』とでも読んでいただければうれしゅうございます。

ではどうぞごゆっくり。

メンバー紹介

元捨て猫、現女王様。名前はふう、通称ふーこ2000年の晩秋、雪が降り始める直前に保護。身体は一番小さいけれど一番の権力者。ある意味我が家は彼女の独裁政権下。超ミニサイズ(ミニというより寸足らず?)のもうすぐ17歳♀。長毛ミックスなんだけど何が混じってるのかは不明。2017年8月30日、2年間の点滴生活を経て威厳を保ちつつ永眠



名前は千明通称ちーこまたは末(すえ)。2009年(たぶん)4月生まれの8歳♀。保健所に持ち込まれた5匹兄弟のうち一番の美人にゃんを拉致して帰ったつもりが、いつの間にか「こいつ実はちん○んあるんじゃねえの?」疑惑を経て我が家のお笑い&破壊担当班長に就任。



本名たぬき通称たぬ。2010年夏、我が家の一員とするため無理やり捕獲した元ノラ猫。ただし最初は外飼い猫だったと思われる。(推定)1999年初夏生まれの18歳♀。種族保存の本能に満ち溢れ、こんな男らしい顔つきのわりに非常にモテていた。2017年7月2日、病気発覚からわずか1ヶ月、ジェットコースターのような怒濤の闘病を経て潔く永眠。



本名ばん通称ばんばん、ばんこ、ババンがバン他。2014年夏、伊達のおまつりにやってきたおばあちゃん思いの男子高校生の通報によりレスキュー。むちゃくちゃ薄汚れていたらしいが捨て猫なのか元ノラなのかは不明。警戒心のかけらもない無防備なおバカさん。ようやく3歳。めんどくさいので推定誕生日はたぬと一緒。


月別アーカイブ
最新コメント
リンク

東北地震犬猫レスキュー.com

我が家の常備品

★もう年なので、これを飲まなければ朝起きられません下瞼は重力に負けます毛穴は縦に開きます俗に言うたるみ毛穴っつーやつですわ夜寝る直前に飲むのがコツです朝飲んでも効くのは午後になってからですつまり半日は役立たずっちゅーわけですわvvわたしは365日飲みます毎日飲むので箱買い当然箱買い上等もはや中毒???

★今回はもう、ほんとにコレにお世話になってます。パルボは熱でもアルコールでも死にません。塩素かコレです。塩素は主に洗濯に。バイオチャレンジは主にお掃除に使ってます。ガンガン使ってるのでガンガン減っていきます。お財布痛いですけどしょうがないです……。

★メーカーのみなさま、申し訳ございません。我が家ではこれをうんP一時収納箱として利用させていただいております。抜群の臭い遮蔽率!猫飼いの必需品と考えております。これを使うようになってから、うんP処理がものすごく楽ちんになりました♪

★いろいろ試したけど、我が家ではこれしか使ってくれませんでした……。よく固まってうんこしっこ取るのも楽なんだけど、重たくて運ぶのが大変なのが玉にキズ。なのでほとんど通販で購入。タイミングによって値段の幅がものすごい。

★お猫さまの数だけトイレは必要(ほんとは+1が理想)。我が家はこれ3つを常設。保護猫がいる間はさらに増やします。安いし洗いやすい。ものすごく小さいけど、みんな上手に使ってくれてます。たまにはみ出すヤツもいるけど(笑)。

★お猫さまの便秘を放っておくと、いずれ毎度病院で掻き出してもらわなきゃならなくなると言われました。うちの女王様は病院でこれを勧められて食べ始めたら、とたんに快食快便になりました。うんPの量が3倍くらいになってびっくり。

★週に一度のブラッシングではこれ使ってます。最初は逃げ回るたぬーも、いったん背中にこれを当てられるとふにゃんと腰砕け(笑)。でも角が当たると傷つけかねないので扱いは慎重に。

★新居に引っ越す前に徹底的にテストしました。麻・カーペット・木、そしてこのダンボールの爪とぎを買って来て並べたところ、これ以外には全く興味を示しませんでした。引っ越してからもちゃんとこの爪とぎだけで爪とぎしてくれます。おかげで壁紙破られずに済んでます(笑)。

★2年間使い倒したカメラが壊れたというか壊したというか……。マクロ機能がさらにアップしているらしく、末の鼻の奥までバッチリです。カメラを選ぶときのこだわりは「同じ電池を使える」ということ。電池が同じなら充電器も同じです。コストダウンにつながります。でもだんだん選択肢が少なくなってきた……。写真はゴールドですが私が選んだのはどピンク。カメラは必ずピンクと決めています。女らしさを欠片も持ち合わせていない私の唯一の自己主張かな。ただ単に派手好きという説も(笑)。

★お猫さまのお世話で疲れたお肌もこれさえ塗れば一発で……上がればいいんですけど(笑)。地球の重力に引っ張られて下がるばっかりですが、なんとかがんばって抗ってます。上がれ~~上がれ~~。

★北海道にノミはいないっていう獣医さんもいるけれど、用心のために毎月みんなにつけてます。保健所にいる子を引き出す際にも使うので常に常備してます。うちの母、ノミにもアレルギーなんですわ。ここ、すごい安い……っ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター