なにが幸せかなんて本人(猫)だって分からない…と思う。

毎週恒例のブラッシングと、最近はブログ主の腕もずいぶんと上がった「ハナクソこじこじ」を敢行したので、例によってたぬー様はおかんむりです。

tnnr01_20130211142812.jpg

解放したとたん隠れ家にイン。家猫の撮影にズームってああたvvvvv

tnnr02_20130211142813.jpg

階段を下りる際に見上げてもしらんふり。

tnnr03_20130211142813.jpg

通りすがりに睨みをきかせます。
「ゆるすまじ……」

tnnr04_20130211142814.jpg

 2010年の初夏、ノラ生活11年を経たところでお縄、監禁してから数えてみたら3年近く経ってますが、ようやくまあ、寝込みを襲えばなんとかブラッシングができるところまできました。撫で方がお気に召すとゴロゴロ喉を鳴らすことも多くなりました。

tnnr05_20130211142813.jpg

 でも、いまだに手をかざすと「ビクッ!」と首を竦めたり、ブラッシングの気配を感じるとスタコラと隠れ家にこもったり、調子に乗って撫ですぎるといきなりガブリときたり、長年のお外生活で培われたノラ精神は失っていません。だっこはやはり遠い夢です。

tnnr06_20130211142829.jpg

 たぬーはお外にいた11年で、当然ながらたくさん病気や怪我を経験しました。他の猫にけんかを挑まれたり、風邪をひくなんざ日常茶飯事。症状が悪化すると、必ずどこかに隠れました。呼べど叫べど姿を現さず、もう死んでるな……とあきらめたころに再び姿を見せたものでした。

 多くのノラ猫は自分の体力が弱ると、外敵から身を守るために身を隠します。そして多くのノラ猫はそのまま命を落とします。たぬーは幸いにして怪我や病気を乗り越え、最後は不覚にも人間に捕まるという失態を演じましたが(いやー、捕獲器なしでよく捕まえられたわ)、なんとか今でも生きています。

 たぬーが家の中に閉じ込められている現状を幸せと感じているかどうか、それは人間には計りようがないし、たぬー本人も考えたことはないと思います。ただ、毎日エサだけは欠かさず当たるし、見知らぬ猫におそわれる心配はないので、昔よりはましに感じてほしいと飼い主は思っています(女王様には意地悪されるけどね!)。

 たぬーが暮らしていたテリトリーの空き地はもうありません。今は大きなマンションが建てられている最中です。
 同じように住む場所を失い、放浪する猫やたぬーのように保護(捕獲)される猫もいるでしょう。新天地を見つけられる子は幸運。おうちの子になれた子もまあ(たぬーの弁によれば、きっと)幸運。でも、行き場をなくして行き着く先が保健所、という状況は、100匹の同じ境遇の猫がいればそのうちの99匹にとっては不幸です。

 たぬーを捕まえようなんて夢にも思わなかった昔の話です。たぬーは、骨折して身動きできなかった間は長いこと息を潜めて身を隠し、エサも食べずにひたすら傷を癒すことに専念しました。その直前に産んだ子はたぶん母猫から乳をもらえず死にました。
 栄養が取れなければ当然乳は出なくなります。たぬーにとって、無理して人前に弱った己をさらし、エサをもらって子猫に乳をやることよりも、まず自分が生きながらえることが大事だったのです。
 風邪をひいたときも何日も現れませんでした。エサにありつくためには人目や他の猫に脅かされる可能性のある場所にでなければならず、弱った身体では窮地に追い込まれても逃げ切れないと考えるからです。

 たとえ怪我を負っていたとしても、簡単に人に捕まるようなノラ猫はいません。たぬは一度も「怪我してるの痛いの」とかふざけたことをぬかしたことはありません。いるとすればすれは長年エサやりさんに外で飼われていた半ノラか、捨てられた家猫です。

 保健所には時々「負傷猫」が収容されます。「善意の第三者」が「怪我をした猫」を哀れに思い保健所に持ち込むか、怪我や病気で体力を奪われ、抗う力もなくただうずくまっているところを通報を受けた役所の担当者が連れ帰ったり。
 状況はさまざまですが、もとが「負傷猫」なのでその大多数は治療もされずに収容中に力尽きるか、負傷を理由に譲渡されず処分されるかのどちらかです。

 捕獲器も使わずに捕獲される猫は、けして人に害をなすノラ猫ではありません。人間に見捨てられた元飼い猫です。エサやりさんにご飯をもらっていただけの子も、簡単に捕まるほど人馴れしているなら立派な「飼い猫」です。
 それでも、保健所は持ち込まれた彼らにとって怪我を治療して暖かい寝床を提供し、新しいおうちを見つけてくれる天国のような場所ではありません。あなたが不憫に思ってかけた電話一本で、その子の命運は尽きてしまうのです。

 たしかに北海道の冬は過酷です。このままここにいたら……と心配になるのはあたりまえです。
 でも、自分の家に連れて帰るのならいざ知らず、道で具合が悪そうにしている子を見かけても、絶対に保健所にだけは通報しないでください。「あの猫はきっと元気で幸せな生活を送れる」と想像するあなたの脳内の光景は現実とはなりません。
「いいことをした」と悦にいるあなたの自己満足が、かなりの高確率で彼らにとどめを刺します。


 ────そういえば、一度だけたぬーが私に「ついてこい」と言ったことがあります。ニヒルな笑みを浮かべ(てねーよ)、こっちきな、とクビをくいっと(しねーよ)。
 
 え?私を呼んでらっしゃる?
 恐る恐るついていった先は屋根の落ちた廃屋の中。どうやって奥の押し入れ(の残骸)までたどり着けと?

 しかしたぬーは廃墟の残骸の頂きにすっくと立ち、私が足を踏み入れるのを待っています。

 苦労して、本当に苦労して、腐った床を踏み抜いたり斜めになった畳を乗り越えたり、こりゃあクギの一本や二本刺さったって誰にも文句言えやしねえ、と冷や汗かきながらついていきました。

 結論からいうと、必死でたどり着いた先には何もありませんでした。押し入れの残骸に腐りかけたダンボールがいくつかあるだけ。

 しかし数日後、たぬーはそこで子猫を産み落としました。さらに数日たってぴゃーぴゃー子猫の声が聞こえ始めました。
 たぬーさん、ようやく私に心を許してくださったのね。

 週末、まさか呼んだからには子猫をちらっと覗いても文句言わないわよねvvv

 とワクワクしてはせ参じましたら……とっくに子猫を連れて引っ越した後でした……。

 それがねえ、たしかこの子たち(この最後の年だったと思う)。

2010.jpg

 いや、この前の年だっけ……?
 どっちにしろ、猫はイジワルもするんだって身に染みて分からせてもらいましたよ、たぬさん。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

たまらず…

リンを抱きしめました。
たぬーかぁさんが11年も生き抜いてきたコトに改めて驚きました。
以前、実家にノラ猫が住み着いて(9年)、こっこを産むたびうちの庭で子育てしてました。
そのうち数匹はうちの子にしましたが、後は居なくなりました。
あの頃もっと知識があれば里親を見つけられたのに。。。と、いつも悔いています。
そのノラさんは、うちの敷地内で死んでいました。
たぬーかぁさんと重なって切なくなります。
もっと救えた命がいっぱいあったんじゃないかと。。。


それにしても、1枚目の写真。
鼻を黒く塗ればリンそのものですね(笑)

No title

たぬーかぁさんが生きのびられたのは、持って生まれた幸運もさることながら、他の血縁(たぶんかーちゃんやばーちゃん、兄姉弟妹さえ)を追い出してまで自分のテリトリーを守ったおかげだと思います。
うちの周りは比較的民家が少なく、役所へきた通りすがりの人とか、近所のおばさんとかにたぬーはけっこうかわいがられてました。昔は「ギブ アンド テイク」で、たぬーもけっこうサービス精神が旺盛だったのです(笑)。
連れて引っ越したあともたぬーの行く末を心配していた人が何人かいたようです。張り紙しときゃあよかったかな……。

私も、たぬーの子の里親を探してみようと思い立つまで、ずいぶんと死んでいく子猫を見送りました。たぬーが家族や新参者を追い払うのも、ただ見ているしかできませんでした。

もうちょっと早く行動に移してたらな~と思いますが、早いとたぬー自身も里子に出されちゃってたかもなので、これはこれでよかったのです。
「べつのうちがよかったぞ(ボソッ)……」
「え、ちょ、たぬ、それはな……っ」

リンさんの鼻グソ……じゃなかった鼻黒は、たぬーのおかあさん、つまりリンさんのおばあちゃんからの隔世遺伝です。たぬーの子はほとんどにこの鼻黒ぼっつんが出ました。
長毛の血も、このかーちゃんが持っていたのではと思っています。かーちゃんも長毛産んでましたから。

DNAおそるべし。
たぬーのかーちゃんの写真って上げたことなかったかなあ……。
カテゴリ



にほんブログ村 猫ブ
ログへ
ぽちっとな。

人気ブログランキングへ
ささ、ぽちっとな。

この顔はあんまし
ぽちっとしたくねえな…。

プロフィール

Author:ふぅ
「ふぅ」です。うしろの「ぅ」はちっちゃい「ぅ」です。生まれも育ちも北海道。もともとは主にツイッターでぶつぶつ呟いてましたが、140字制限がもどかしくてこっち来てみました。でも緊急性のあるものは変わらずツイッターで呟きます。アカウントは@nekodasukeです。フォローよろしく。
【猫辞典】は完全オリジナル。自由きままに猫の生態を書き連ねてます。ツイッター発祥なのですべて原則140字以内です。
ブログタイトルの『猫っツラにデコピン!』は略して『ねこぴん』とでも読んでいただければうれしゅうございます。

ではどうぞごゆっくり。

メンバー紹介

元捨て猫、現女王様。名前はふう、通称ふーこ2000年の晩秋、雪が降り始める直前に保護。身体は一番小さいけれど一番の権力者。ある意味我が家は彼女の独裁政権下。超ミニサイズ(ミニというより寸足らず?)のもうすぐ17歳♀。長毛ミックスなんだけど何が混じってるのかは不明。



名前は千明通称ちーこまたは末(すえ)。2009年(たぶん)4月生まれの8歳♀。保健所に持ち込まれた5匹兄弟のうち一番の美人にゃんを拉致して帰ったつもりが、いつの間にか「こいつ実はちん○んあるんじゃねえの?」疑惑を経て我が家のお笑い&破壊担当班長に就任。



本名たぬき通称たぬ。2010年夏、我が家の一員とするため無理やり捕獲した元ノラ猫。ただし最初は外飼い猫だったと思われる。(推定)1999年初夏生まれの18歳♀。種族保存の本能に満ち溢れ、こんな男らしい顔つきのわりに非常にモテていた。2017年7月2日、病気発覚からわずか1ヶ月、ジェットコースターのような怒濤の闘病を経て潔く永眠。



本名ばん通称ばんばん、ばんこ、ババンがバン他。2014年夏、伊達のおまつりにやってきたおばあちゃん思いの男子高校生の通報によりレスキュー。むちゃくちゃ薄汚れていたらしいが捨て猫なのか元ノラなのかは不明。警戒心のかけらもない無防備なおバカさん。ようやく3歳。めんどくさいので推定誕生日はたぬと一緒。


月別アーカイブ
最新コメント
リンク

東北地震犬猫レスキュー.com

我が家の常備品

★もう年なので、これを飲まなければ朝起きられません下瞼は重力に負けます毛穴は縦に開きます俗に言うたるみ毛穴っつーやつですわ夜寝る直前に飲むのがコツです朝飲んでも効くのは午後になってからですつまり半日は役立たずっちゅーわけですわvvわたしは365日飲みます毎日飲むので箱買い当然箱買い上等もはや中毒???

★今回はもう、ほんとにコレにお世話になってます。パルボは熱でもアルコールでも死にません。塩素かコレです。塩素は主に洗濯に。バイオチャレンジは主にお掃除に使ってます。ガンガン使ってるのでガンガン減っていきます。お財布痛いですけどしょうがないです……。

★メーカーのみなさま、申し訳ございません。我が家ではこれをうんP一時収納箱として利用させていただいております。抜群の臭い遮蔽率!猫飼いの必需品と考えております。これを使うようになってから、うんP処理がものすごく楽ちんになりました♪

★いろいろ試したけど、我が家ではこれしか使ってくれませんでした……。よく固まってうんこしっこ取るのも楽なんだけど、重たくて運ぶのが大変なのが玉にキズ。なのでほとんど通販で購入。タイミングによって値段の幅がものすごい。

★お猫さまの数だけトイレは必要(ほんとは+1が理想)。我が家はこれ3つを常設。保護猫がいる間はさらに増やします。安いし洗いやすい。ものすごく小さいけど、みんな上手に使ってくれてます。たまにはみ出すヤツもいるけど(笑)。

★お猫さまの便秘を放っておくと、いずれ毎度病院で掻き出してもらわなきゃならなくなると言われました。うちの女王様は病院でこれを勧められて食べ始めたら、とたんに快食快便になりました。うんPの量が3倍くらいになってびっくり。

★週に一度のブラッシングではこれ使ってます。最初は逃げ回るたぬーも、いったん背中にこれを当てられるとふにゃんと腰砕け(笑)。でも角が当たると傷つけかねないので扱いは慎重に。

★新居に引っ越す前に徹底的にテストしました。麻・カーペット・木、そしてこのダンボールの爪とぎを買って来て並べたところ、これ以外には全く興味を示しませんでした。引っ越してからもちゃんとこの爪とぎだけで爪とぎしてくれます。おかげで壁紙破られずに済んでます(笑)。

★2年間使い倒したカメラが壊れたというか壊したというか……。マクロ機能がさらにアップしているらしく、末の鼻の奥までバッチリです。カメラを選ぶときのこだわりは「同じ電池を使える」ということ。電池が同じなら充電器も同じです。コストダウンにつながります。でもだんだん選択肢が少なくなってきた……。写真はゴールドですが私が選んだのはどピンク。カメラは必ずピンクと決めています。女らしさを欠片も持ち合わせていない私の唯一の自己主張かな。ただ単に派手好きという説も(笑)。

★お猫さまのお世話で疲れたお肌もこれさえ塗れば一発で……上がればいいんですけど(笑)。地球の重力に引っ張られて下がるばっかりですが、なんとかがんばって抗ってます。上がれ~~上がれ~~。

★北海道にノミはいないっていう獣医さんもいるけれど、用心のために毎月みんなにつけてます。保健所にいる子を引き出す際にも使うので常に常備してます。うちの母、ノミにもアレルギーなんですわ。ここ、すごい安い……っ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター