札幌の動物管理センターの件。

 昔、私や私の両親がまだまだ猫飼い初心者だったころ、我が家には一匹のオス猫がいました。立派な名前がついていたのですが、まあ仮に「ぼっちゃん」としておきましょう。「ぼっちゃん」やら「おぼっちゃま」やら「ぼっさま」やら「おぼつ」やら、やたらといろんな名前で呼ばれていましたから(※注:こういう行為は猫にとって迷惑です。混乱を招くだけです。アイデンティティが崩壊します)。
 まだまだぼっちゃんが若かりし頃、草木・花の芽吹く春の陽気に誘われて裏口から脱走してしまったことがありました。早朝、外での一服を終えて家に入ろうとした父親はまさかドアのすぐ向こうにぼっちゃんが潜んでいるとは知らず、不用心にも一気にドアを開けはなってしまったのです。

「ねこ! 待ちなさい! ねこ逃げた!」
 父はとても照れ屋で、飼い猫といえどペットをニンゲンのような名前で呼ぶことに躊躇いがあったようです。ぼっちゃんは我が家に(父が)連れてきた当初から(父の)最後までずっと「ねこ」と呼ばれていました。
「ねこ! ねこ!」
 必死に捜すこと10数分。ぼっちゃんは同じブロック内の数メートル離れた車道っぷちで捕獲されました。必死の形相だったはずの父から逃げず、抱っこされて戻ってきました。田舎とはいえ車の往来がけっこうある表通りが近く、もし万が一のことがあれば父は自分を許せないと必死だったのでしょう。

 札幌の動物管理センターで不幸な事件がありました。警察が保護していた猫をセンターに送ったところ、首輪をしているので飼い猫らしいという情報が伝わらず、ケージ越しに威嚇したため獣医師によって殺処分されてしまったというのです。

 私はまず、ローカルとはいえ夕方のニュースで流れたことに驚きました。首輪をした猫が保健所に入ってくることなんてざらだし、迎えがくることなく処分もされています。保健所はけしてノラだけを処分しているわけではないのです。ハチはハーネスつけてたし、らいおん丸はサマーカット直後だったし、怪我が癒えてのち海を渡って幸せになった子もまた、保健所に入ってきたときは首輪をしていました。

 おそらくなんらかの形で飼い主が問い合わせてきたか、過去に問い合わせがあったことが判明したか、首輪を外してみたら裏に住所が書いてあったか、などなどで飼い主に連絡をすることになり、発表せざるをえない状況に発展したのでしょう。

 でも、繰り返しますが、こんなことは日常茶飯事です。むしろ札幌を始め道内の保健所はがんばってくれているほうなのです。福移支所などは夏場の間、土曜に開庁して犬猫の譲渡率向上に貢献してくださってます。

 警察から「首輪をしている」という情報を伝達されたのにも関わらず、担当獣医師に伝えなかったミスは重大です。動物になれているはずの獣医師が、威嚇されただけであっさり処分を決め手しまったのも遺憾です(12歳の子なので、高齢で譲渡が難しいという判断も処分決定の理由になったのかもしれません)。

 ニュースからは5月の31日に警察から保護を依頼され、処分したあとに飼い主が判明した、としかありません。警察がいつどこで保護をし、どのくらい「遺失物」として留置し、保健所に委託したのか。
 また、その間に飼い主からの問い合わせはなかったのか、今までどうやって探していたのか。行政はどうやって飼い主を見つけたのかがまったく見えてきません。

 警察に保護されていたようなので少し調べてみました。
 道警のHPには「落とし物情報」というものがあり、その中に「動物」もあります。「います」ではなく「あります」です。遺失物なのであくまでも犬猫うさぎ亀インコミンク(……まあいろいろいらっしゃいますこと)はすべて「物」です。
 収容期間を拝見すると、概ね3ヶ月程度のようです。では今回処分された猫は警察に(どういう形かは分かりませんが)3ヶ月収容され、収容期限が来たか満員になって押し出されたかでセンターに送られたのでしょうか。

 もし3ヶ月間警察にいたとしたら、そこでお世話してくださった方がいるはずです。「この子は飼い猫のはずです」と必ず伝えたでしょう。それだけ長いこと面倒をみてくれていたら、情が移っていたかもしれません。
「この子は首輪をしていますので飼い猫なんです。飼い主さんが迎えにくるまでなんとか生かしてあげられないでしょうか……う……っ」と涙を堪えてセンターに連れてきた道警の職員さんを想像してみてください。彼の愛情は「首輪をしているので飼い猫です」が伝わらなかったばかりに行き場を失いました。
 いや、これはほんとに想像ですけどね。実際には警察には動物を収容する施設がなく、サイトに情報を掲載はしているけど収容ははなからセンターという段取りになっている、というところですかね。それにしても収容してすぐの処分は解せません。

 そしてここが大事。12歳のおぼっちゃまが行方不明になって警察に捕まり、センターに送られて獣医師にケンカを売り処分されてしまうまで、飼い主はなにをしていたのか。これは時系列をきっちり明らかにしてもらわないと責任の所在をはっきりさせることが適いません。逃がした飼い主が責められるべきか、伝達(痛恨!)ミスを犯したセンターの職員が責を負うべきか、簡単に処分してしまった獣医師を糾弾すべきか、それともこの「遺失物・拾得物」→センター移管のシステムがそもそもちゃんと機能していないのか。

 今のところ「逃がした飼い主が悪い」派と「処分した行政が悪い」派と世間の猫好きと猫毛嫌い派合わせて意見は2分されているかと思います。背負うべき咎を持たない人にあらぬ疑いをかけないためにも、テレビカメラの前で頭を下げるだけで終わらせず、ちゃんと経緯を説明してほしいものです。動物愛護の機運が高まっているからあんなパフォーマンスしたんですよね?

 犬も猫も、飼い主がいる子もそうじゃない子も、毎日たくさん処分され続けています。家族と引き離されてたった数日、あるいは数時間。法で定められた期限がきたから。施設がいっぱいになったから。週末だから。長期休暇取りたいから。譲渡するとクレームくるかもしれないから。理由はたくさんあります。
 そんなこの国でなぜ、「飼い主がいる猫を誤って処分してしまった」ニュースをあえて今取り上げる意味が、冷たいかもしれませんが私には分からないのです。

※記事掲載後、コメント欄にて事の経緯が発表されている旨をお知らせいただきました。
こちらに掲載されています。
「センターからのお知らせ」を待っていた私はこの報道発表を見つけられませんでした。

とりいそぎ経緯説明文を一読しての感想です。

・処分されたのは12歳のオス猫のはずが、収容時には子猫と誤認→子猫ならなおさら威嚇しても一時的と思えるのでは?
・そもそも処分された猫が外に出た経緯(これ重要)が記載されていない。
・警察はやはり「遺失物」として「保管」するわけじゃなさそう。それとも子猫だと思ったから「センターに言って処分してもらおう」的な対応なのか。
・一日で処分したのか。マジかよ……。
・これ、獣医が一番悪いって流れになってない? 思い込み?
・全頭の預かりリスト作るってほんとに可能なの? 自分らの首絞めてるような気が。
・飼い主に対する誠意って? 所詮、お役所的には「器物損壊」でしょう。
・記事は「遺骸」でした。経緯説明文は「遺体」です。
・ほんとに「4」以降の対応をするなら職員増やさないとみなさんオーバーワーク。そして獣医師はちゃんと臨床経験積んだ人を入れてください(役所の獣医さんは往往にして臨床経験ない方がいらっしゃいます。ここの獣医さんはどうなのかなあ)。

【結論】
いったん外に出したら無事に帰ってくるのは奇跡。

───────なんだかハー。もやもやは続く……。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

通りすがりのものです。
経緯がこちらに書かれています。
http://www.city.sapporo.jp/somu/koho/hodo/201306/20130603.html

No title

>通りすがりさま。

お知らせありがとうございました。

ニュースを見た直後にはまだこの情報を見つけることはできませんでした。
大変参考になりましたので、とりいそぎ箇条書きではありますがブログ記事に追記させていただきます。
カテゴリ



にほんブログ村 猫ブ
ログへ
ぽちっとな。

人気ブログランキングへ
ささ、ぽちっとな。

この顔はあんまし
ぽちっとしたくねえな…。

プロフィール

Author:ふぅ
「ふぅ」です。うしろの「ぅ」はちっちゃい「ぅ」です。生まれも育ちも北海道。もともとは主にツイッターでぶつぶつ呟いてましたが、140字制限がもどかしくてこっち来てみました。でも緊急性のあるものは変わらずツイッターで呟きます。アカウントは@nekodasukeです。フォローよろしく。
【猫辞典】は完全オリジナル。自由きままに猫の生態を書き連ねてます。ツイッター発祥なのですべて原則140字以内です。
ブログタイトルの『猫っツラにデコピン!』は略して『ねこぴん』とでも読んでいただければうれしゅうございます。

ではどうぞごゆっくり。

メンバー紹介

元捨て猫、現女王様。名前はふう、通称ふーこ2000年の晩秋、雪が降り始める直前に保護。身体は一番小さいけれど一番の権力者。ある意味我が家は彼女の独裁政権下。超ミニサイズ(ミニというより寸足らず?)のもうすぐ17歳♀。長毛ミックスなんだけど何が混じってるのかは不明。



名前は千明通称ちーこまたは末(すえ)。2009年(たぶん)4月生まれの8歳♀。保健所に持ち込まれた5匹兄弟のうち一番の美人にゃんを拉致して帰ったつもりが、いつの間にか「こいつ実はちん○んあるんじゃねえの?」疑惑を経て我が家のお笑い&破壊担当班長に就任。



本名たぬき通称たぬ。2010年夏、我が家の一員とするため無理やり捕獲した元ノラ猫。ただし最初は外飼い猫だったと思われる。(推定)1999年初夏生まれの18歳♀。種族保存の本能に満ち溢れ、こんな男らしい顔つきのわりに非常にモテていた。2017年7月2日、病気発覚からわずか1ヶ月、ジェットコースターのような怒濤の闘病を経て潔く永眠。



本名ばん通称ばんばん、ばんこ、ババンがバン他。2014年夏、伊達のおまつりにやってきたおばあちゃん思いの男子高校生の通報によりレスキュー。むちゃくちゃ薄汚れていたらしいが捨て猫なのか元ノラなのかは不明。警戒心のかけらもない無防備なおバカさん。ようやく3歳。めんどくさいので推定誕生日はたぬと一緒。


月別アーカイブ
最新コメント
リンク

東北地震犬猫レスキュー.com

我が家の常備品

★もう年なので、これを飲まなければ朝起きられません下瞼は重力に負けます毛穴は縦に開きます俗に言うたるみ毛穴っつーやつですわ夜寝る直前に飲むのがコツです朝飲んでも効くのは午後になってからですつまり半日は役立たずっちゅーわけですわvvわたしは365日飲みます毎日飲むので箱買い当然箱買い上等もはや中毒???

★今回はもう、ほんとにコレにお世話になってます。パルボは熱でもアルコールでも死にません。塩素かコレです。塩素は主に洗濯に。バイオチャレンジは主にお掃除に使ってます。ガンガン使ってるのでガンガン減っていきます。お財布痛いですけどしょうがないです……。

★メーカーのみなさま、申し訳ございません。我が家ではこれをうんP一時収納箱として利用させていただいております。抜群の臭い遮蔽率!猫飼いの必需品と考えております。これを使うようになってから、うんP処理がものすごく楽ちんになりました♪

★いろいろ試したけど、我が家ではこれしか使ってくれませんでした……。よく固まってうんこしっこ取るのも楽なんだけど、重たくて運ぶのが大変なのが玉にキズ。なのでほとんど通販で購入。タイミングによって値段の幅がものすごい。

★お猫さまの数だけトイレは必要(ほんとは+1が理想)。我が家はこれ3つを常設。保護猫がいる間はさらに増やします。安いし洗いやすい。ものすごく小さいけど、みんな上手に使ってくれてます。たまにはみ出すヤツもいるけど(笑)。

★お猫さまの便秘を放っておくと、いずれ毎度病院で掻き出してもらわなきゃならなくなると言われました。うちの女王様は病院でこれを勧められて食べ始めたら、とたんに快食快便になりました。うんPの量が3倍くらいになってびっくり。

★週に一度のブラッシングではこれ使ってます。最初は逃げ回るたぬーも、いったん背中にこれを当てられるとふにゃんと腰砕け(笑)。でも角が当たると傷つけかねないので扱いは慎重に。

★新居に引っ越す前に徹底的にテストしました。麻・カーペット・木、そしてこのダンボールの爪とぎを買って来て並べたところ、これ以外には全く興味を示しませんでした。引っ越してからもちゃんとこの爪とぎだけで爪とぎしてくれます。おかげで壁紙破られずに済んでます(笑)。

★2年間使い倒したカメラが壊れたというか壊したというか……。マクロ機能がさらにアップしているらしく、末の鼻の奥までバッチリです。カメラを選ぶときのこだわりは「同じ電池を使える」ということ。電池が同じなら充電器も同じです。コストダウンにつながります。でもだんだん選択肢が少なくなってきた……。写真はゴールドですが私が選んだのはどピンク。カメラは必ずピンクと決めています。女らしさを欠片も持ち合わせていない私の唯一の自己主張かな。ただ単に派手好きという説も(笑)。

★お猫さまのお世話で疲れたお肌もこれさえ塗れば一発で……上がればいいんですけど(笑)。地球の重力に引っ張られて下がるばっかりですが、なんとかがんばって抗ってます。上がれ~~上がれ~~。

★北海道にノミはいないっていう獣医さんもいるけれど、用心のために毎月みんなにつけてます。保健所にいる子を引き出す際にも使うので常に常備してます。うちの母、ノミにもアレルギーなんですわ。ここ、すごい安い……っ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター